人事

売上高、利益1兆円消える コロナで135社下方修正

 東京商工リサーチは27日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、上場企業135社が同日正午時点で業績予想を下方修正し、売上高と純利益の引き下げ額の合算がいずれも1兆円を超えたと発表した。金融市場の混乱や需要の急減に伴い、幅広い業種に悪影響が及んでいる。

 売上高の下方修正の合計額は1兆1944億円、純利益は1兆1177億円。いずれも石油元売り最大手JXTGホールディングスが最大で、2020年3月期の連結売上高は3500億円の引き下げだった。純損益は4550億円の下方修正で、赤字転落の見通しとなった。需要が落ち込んだ上、原油安で在庫の評価損を計上する。

 売上高の下方修正額は、JXTGに次いで旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)や住友化学が大きかった。純利益は丸紅や電子部品大手のTDKが続いた。

 このほか292社が「業績への影響を精査中」などと説明しているといい、東京商工リサーチの担当者は「下方修正に追い込まれる企業はさらに増えるだろう」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus