働き方

「コロナ後」の働き方を模索 投資や仕事量見直し必要

 日本総研の小島明子スペシャリストの話 オンライン活用で家族と過ごす時間や、兼業や副業に挑戦するチャンスが増え、組織の活性化が期待できる。ただ、現場の工夫や努力だけに頼ると働き手が疲弊するので、企業側は情報通信技術への投資や仕事量の見直しとセットで進める必要がある。コミュニケーション不足の課題も挙げられており、補完する手だても検討するべきだ。1人で働く時間が長くなると、仕事上の目標が分かりにくくなり、不安を抱える人が増える恐れがある。企業には、従業員のやる気の維持・向上のため、今後のキャリアをそれぞれに考えてもらう場の提供が求められる。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus