社会・その他

13年に日本人10人を殺害したアフリカのアルカーイダ系指導者殺害 仏発表

 【パリ=三井美奈】アフリカ北部で活動する国際テロ組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカーイダ組織(AQMI)」のアブデルマレク・ドルクデル指導者が3日、マリ北部でテロ掃討を行うフランス軍に殺害された。パルリ仏国防相が5日に発表した。

 AQMIは国際テロ組織アルカーイダに忠誠を誓い、2007年以降、現在の名称で活動。13年には系列組織がアルジェリアのガス田施設を襲撃し、人質にした日本人10人を含む約40人を殺害した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus