書評

『基点としての戦後政治思想史と現代』苅部直・著

 ■精緻かつ鋭い第一人者の論集

 日本古来の天皇のあり方と、「国民統合の象徴」という日本国憲法の位置付けはよく合致している。そう説いた倫理学者の和辻哲郎の思想を、彼の講義を受けた上皇陛下はどう発展させたのか-。

 現代日本の思想状況を考えるには、戦後七十余年の思想史をたどるよりほかはない。憲法、天皇、国連中心主義、「右傾化」…。現在に直結する問題について、丸山眞男や高坂正堯ら戦後知識人の思索を参照しながら、精緻で鋭い読みがたおやかな文章で展開される。日本政治思想史の第一人者として知られる著者の、ここ10年ほどの文章を集めた待望の論集。(千倉書房、3200円+税)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus