社会・その他

クルーズ船「飛鳥Ⅱ」で火災、黒煙 横浜港

 16日午後1時25分ごろ、横浜市中区海岸通の大さん橋で、海上保安庁から「船舶の最上部から煙があがっている」と110番通報があった。

 神奈川県警横浜水上署によると、船舶は大さん橋に泊まっているクルーズ船「飛鳥II」で、新型コロナウイルスの影響で1カ月ほど停泊しているという。

 現場では、船の上部から一時、黒煙が勢いよく上がり、近くで消防隊らが消火活動にあたった。

 今のところけが人などの詳しい情報はないという。同署は詳しい出火原因を調べている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus