社会・その他

ファストリ柳井氏が京大に100億円寄付

 衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は24日、京都大と京都大学iPS細胞研究財団に計100億円を寄付すると発表した。

 内訳は、京大のがん免疫総合研究センター(本庶(ほんじょ)佑(たすく)センター長)が取り組む、がん免疫療法の研究などに50億円(年間5億円を10年分)。同大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)が大阪府などと進めるiPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用した新型コロナウイルス感染症対策の研究に5億円。免疫拒絶なく移植可能な自己由来のiPS細胞の製造・保管・提供を目指す同大iPS細胞財団のプロジェクトに45億円(年間5億円を9年分)。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus