社会・その他

スポーツで国際貢献 JOCとJICAが連携協定

 スポーツを通じた国際貢献を推進するため、日本オリンピック委員会(JOC)と国際協力機構(JICA)は27日、連携協定を締結した。東京都内で行われた協定書署名式に出席したJOCの山下泰裕会長は「それぞれの力を持ち寄ることで新しい取り組みが生まれる」と期待を示した。

 JOCは人的な協力、スポーツ関連物資の提供などでの連携を想定。青年海外協力隊のスポーツ指導員が現地で活動しやすくなるよう、各国・地域オリンピック委員会に要請することも考えている。

 五輪出場経験者の協力についても「何らかの形で力になりたい人はいると思う。双方のニーズをつなげていければ」(山下会長)と考えており、国内の各競技団体やアスリート委員会とともに取り組んでいきたいとしている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus