働き方

新卒1年目は40万円上乗せ 不足の保育士募集で大阪・守口市が優遇策

 「新卒の初年度収入に40万円上乗せ」をうたって、大阪府守口市が、市内の私立認定こども園や私立保育所の保育士、幼稚園教諭を募集している。全国的に不足している両職種の新卒採用を確保する苦肉の策。「子育てしやすい市」というイメージを重視するベッドタウンだけに、子育て環境の保持に懸命だ。

 市子育て支援政策課によると、私立の認定こども園や保育所は市内に27施設。各施設とも教諭や保育士が不足しており、平均して3人程度は定員割れしているという。理由の一つは、ハードな仕事であるにもかかわらず給料が安いこと。民間企業に比べて、年収で40万円ほどの差があるとみられる。

 この“所得格差”を就職1年目だけでも埋めようと、市と雇用主の保育所などが同額の20万円ずつを負担することを決定。新卒採用者に対して、2回に分けて支給する。さらに、保育士が入居する宿舎を保育所などが借り上げる場合、市が補助金を出して入居費を減額するなどの「優遇策」を設けた。

 同市は「子育てする親が働きやすい街づくり」を目指しており、平成29年4月には全国で初めて0~5歳児の無償保育を実現。昨年と今年の2年連続で、4月の待機児童ゼロを達成している。同課は「秋に各園で不足している人員数を確認し、募集人数などが決まった段階で補助額を予算計上する。これによって質の高い保育環境を維持したい」としている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus