社会・その他

吉村知事うがい薬発言にドラッグストアや製薬各社困惑 高値転売も

 大阪府の吉村洋文知事らが新型コロナウイルスの感染防止策にポビドンヨードを配合したうがい薬の使用を呼びかけたことで、ドラッグストアや製薬各社は対応に追われている。4日午後の記者会見直後から店頭で品切れとなり、インターネット上では高値で転売される事態が起きている。関係者からは「事前に知らせてほしかった」などと困惑の声が広がる。(岡本祐大、田村慶子)

 吉村知事らによる記者会見がテレビ中継された直後の4日夕、大阪市内のドラッグストアにはうがい薬を求める買い物客が殺到した。なかには「足りない」「もっとだ」などと話す中国語も飛び交っていたという。こうした状況はドラッグストア各社で起きた。

 ダイコクドラッグでは、一部店舗で品切れを知らせる張り紙を掲げるなどし、広報担当者は「マスクや消毒液とまったく同じ状況。前もって店側に知らせることはできなかったのか」と府や市の対応に不満をもらす。スギ薬局では春から品薄が続いており、今回の発表で品切れになった店が多いという。

 量販店関係者は「必要な人に行きわたらない状態が一番困る。間違った使い方をすることで、健康被害につながらないかも心配だ」と打ち明ける。

 製造、供給を担う多くの製薬会社も「試験していたことも記者発表することも知らなかった」と話す。テレビを見て、自社製品が並んでいることに驚いたメーカーもあった。

 吉村知事に商品名が繰り返された「イソジン」。子会社を通じて国内販売を手掛ける塩野義製薬にはすでに多くの追加発注があるといい、担当者はどこまで増えるか状況把握を急ぐ。製造を担うムンディファーマは「増産が可能かどうかを含めて対応を検討している」と説明した。

 明治グループはすでに今年2月ごろからフル生産の状況といい、すぐに増産できる状況にない。大洋製薬でも従来の10倍以上の受注があり、担当者は「記者会見直後から電話が殺到して驚いている」と困惑した様子で話した。

 ただ、吉村知事が言及したコロナへの効果は、各社とも慎重な姿勢だ。塩野義製薬は「試験にかかわっていないため、コメントは差し控える」とし、明治も「実験結果は興味深い」とするにとどめた。

 余波は各方面に広がる。明治ホールディングスは株価が急騰し、4日には一時、年初来高値を更新。うがい薬はフリーマーケットアプリ「メルカリ」などで、通常より数倍高値で販売されるケースもあった。無許可販売が禁止されている医薬品もあるとみられ、運営会社が出品を削除している。

 ある製薬会社は「(府などと)裏でつながっていると思われても困る。こちらは在庫確認に追われている」と恨み節をこぼした。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus