書評

『シャツとダンス「アパレルの革命児」が起こした奇跡』玉置美智子・著

 ■貞末良雄の苦難と成功を描く

 創業から四半世紀余で国内外30店舗を展開するまでになったシャツ専門店「メーカーズシャツ鎌倉(通称・鎌倉シャツ)」。本書は創業者、貞末良雄の苦難の人生と成功の軌跡を描く。

 商売人の父の下で育ち、入社したヴァンヂャケット(VAN)は倒産するが、カリスマ創業者・石津謙介から教えを受けながら53歳で業界に一石を投じる鎌倉シャツを創業する。数々の障害や失敗も反骨精神で乗り越え、突っ走ってきた姿に力をもらえる。

 その極意とともに、二人三脚で事業を発展させてきた良雄と妻、タミ子の夫婦の物語が胸に残る。(文芸春秋、1500円+税)

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus