働き方

賃金デジタル払い 厚労相「21年度内に制度化」

 スマートフォンの決済アプリなどを使った賃金のデジタル支払いをめぐり、田村憲久厚生労働相は6日の記者会見で「2021年度のなるべく早い時期に制度化したい」と述べた。

 現行では、賃金は現金払いか振り込みと定められている。政府はキャッシュレス決済の普及に伴い、賃金のデジタル支払いも認める方針。

 厚労省の審議会で議論は進むが、連合や銀行から、業者が破綻した場合の対策などへの懸念が上がっている。田村氏は「利便性の問題も安全性の問題もある。議論した上で最終的に判断したい」と強調した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus