人事

ヤマダHD、最終利益2.1倍 ケーズ、ノジマは過去最高

 家電量販最大手のヤマダホールディングス(HD)が6日発表した2021年3月期連結決算は、最終利益が前期比約2.1倍の517億円だった。新型コロナウイルス感染拡大による巣ごもり需要で、高級家電や調理家電が好調だった。ケーズホールディングス(HD)は約1.8倍の387億円、ノジマは約3.3倍の528億円と、ともに過去最高を記録した。

 売上高はヤマダHDが8.7%増の1兆7525億円で、ケーズHDが11.9%増の7925億円。ノジマは携帯電話ショップの不調で0.1%減の5233億円だったが、家電販売事業は13.7%増と牽引(けんいん)した。

 新型コロナ対応で政府が昨年支給した1人10万円の特別定額給付金が、家電の買い替えを後押しした。

 外出自粛により自宅で過ごす時間が増え、洗濯機、冷蔵庫などの生活家電や大型テレビが売れた。

 在宅勤務の普及でパソコンの販売も好調だった。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus