ローカリゼーションマップ

「ボール!」イタリアの子ども達の声に思う 「ああ、僕は日本人なんだなあ」 (3/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 日本人なる要素が身体の構造をつくっているよりも、そういうものが身体の内部に染みついている…そんな感覚だ。自分で削ぎ落そうとしても、なかなか難しい。化学反応で変質しない限り、常にその要素はそのまま残るだろう。

 前述をぼくとしてはネガティブな要素として説明した。言うまでもないが、これをポジティブな要素にも解釈できる。公園でボールをとってくださいと人に頼むとき、「お願いします」くらいは言う。自分が礼儀正しいとはちっとも思っていないが、この一部分については(イタリアの子と比べると)少々丁寧かもしれない。

 ただし、「少々丁寧である」ことにどれほどの価値があるのか、ぼく自身、どうもよく分からないのだ。なんらかの潤滑油くらいに機能する場合があるかもしれない。だいたい、丁寧である方が気持ちいいじゃない、というのもある。

 他人に攻撃的にならないのは、礼儀であるよりも何よりも、心の平和に繋がるのだ。ただ、いずれにしても微妙な感覚を伴う話である。

 …というようなことを日頃つらつらと考えていると、冒頭に述べたように、日本的であることが差別化を図るために必要であるとの言説が、ぼくの身体のなかに入ってこないのである。良くも悪くも、日本人バッジを張り付けて歩いていることを自覚せざるを得ない身からすると、どうにもフワフワした話にしか聞こえないのだ。

 やりたい人、言いたい人、それはどうぞご自由に、とは思うが。

 因みに、なんやかんやこれだけ言って、公園でボールを蹴り返すとぼくも心が軽くなる(笑)。

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『「メイド・イン・イタリー」はなぜ強いのか?:世界を魅了する<意味>の戦略的デザイン』『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus