社会・その他

「老老介護」相次ぐ悲劇、追い込まれる当事者 コロナも追い打ちに

 高齢者が高齢者を介護する「老老介護」で無理心中や、介護する相手を殺害してしまう事件が相次いでいる。背景にあるとされるのが深刻な「介護疲れ」。負担が大きい老老介護へのサポートは急務だが、当事者が周囲に支援を求めることに否定的な事例は少なくない。高齢化社会がさらに進む中、新型コロナウイルスの影響も相まって孤立が加速する恐れもあり、「第三者の介入が必須」との声があがる。(王美慧)

 姉を殺害した妹

 「介護に疲れ手をかけてしまった」。3月20日、東京都北区赤羽台にある団地の一室で、寝たきりだった女性(84)が殺害された。殺人容疑で逮捕されたのは82歳の妹。姉妹は2人暮らしだった。

 警視庁赤羽署や近隣の住民らによると、姉妹は団地に約40年住んでいたが、近所付き合いはなく、親族とも疎遠だったという。4年前には1年間、デイサービスを利用。だが通所が困難になり利用をやめた。

 「2年ほど前から寝たきりだった。経済的にも苦しく、楽にしてあげたかった」。食事や排泄(はいせつ)の介護が必要な姉の世話を1人で担っていたとされる妹は、こう供述した。周囲から生活保護を活用した介護施設への入所を勧められたが、妹は「人様のお金で助けてもらいたくない」と、かたくなに拒んだという。

 東京都内では昨年11月以降、老老介護をめぐる殺人や心中が少なくとも4件発生し、6人が亡くなった。

 介護問題に詳しい介護者メンタルケア協会の橋中今日子代表は「在宅介護者は長期的な疲労が募り、閉塞(へいそく)感や絶望感、経済的負担などが複合的に影響して困窮し、事件に至ってしまうことも多い」と分析する。

 橋中氏は、閉ざされた環境に置かれた介護者の選択肢が狭まり「苦しい状況から抜け出そうと衝動的に自殺や心中を図りかねない」とも指摘。「迷惑をかけたくない」「自分でやり遂げる」などの思いから、行政や周囲の支援を受けないケースは少なくないという。

 追い込まれる当事者…総合的支援が不可欠に

 家族の介護負担を軽減するための「介護保険制度」が十分活用されていない実態も浮かぶ。厚生労働省によると、令和元年度、家族らから虐待を受けた高齢者は1万7427人(1万6928件)。このうち、68%が介護サービスを利用することが可能になる「要支援」や「介護」の認定を受けていた。

 虐待の要因では「介護疲れ・介護ストレス」が5割近く。同年度、家族らによる殺人、傷害致死、心中などの事件で15人が亡くなっている。被害者の半数以上は、介護サービスを利用していない高齢者だった。

 コロナ禍で孤立の深刻化も懸念される。感染リスクを避けるため外出が控えられた結果、在宅介護者と地域のつながりはさらに希薄になり、周囲も危機的な実情に気づけない状況を招きかねない。

 橋中氏は「施設を利用することは『負け』で介護放棄と誤解されがちだ。介護サービスを利用し、周囲に『助けて』と伝えてほしい。職場や身内、周囲が介護者の状況を気にかけるなど、制度を超えた支援態勢が必要だ」と訴えた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus