社会・その他

ロシア船と衝突の漁船、3人死亡・1人けが 北海道紋別沖

 26日午前6時ごろ、北海道紋別市の紋別港の北東沖約23キロのオホーツク海で、紋別漁協所属の毛ガニ漁船、第8北幸丸(9・7トン、吉岡照由船長、5人乗り)と海産物を運搬するロシア船AMUR(662トン、23人乗り)が衝突し、第8北幸丸が転覆した。地元消防によると、第8北幸丸の乗組員は男性5人で全員が救助されたが、3人の死亡が確認された。

 紋別海上保安部や消防によると、死亡した3人は機関長(64)と、37歳と39歳の甲板員。別の甲板員(36)は腕に軽いけがを負い、吉岡船長(63)にけがはなかった。海保が衝突の詳しい状況などを調べている。

 5人はAMURに救助された後、駆け付けた紋別海保の巡視船に移され、午前10時ごろ紋別漁港へ到着した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus