社会・その他

陛下、五輪開会式にご臨席 開会宣言の文言調整も

 宮内庁は20日、天皇陛下が東京五輪の名誉総裁として、23日に行われる五輪の開会式に臨席されると発表した。五輪憲章は、開催国の国家元首が開会宣言を読み上げると規定しており、陛下が開会宣言される見通し。関係者によると、宣言は新型コロナウイルス禍をふまえ、五輪憲章が例示する文言を一部、調整することも検討している。

 昭和39年の前回東京五輪では、昭和天皇は五輪憲章の例文にならい、日本語で「第18回近代オリンピアードを祝い、ここにオリンピック東京大会の開会を宣言します」と述べた。関係者によると、英文で示された例文について祭典を祝福する趣旨を和訳で抑えることも視野に、関係機関が最終調整を進めている。

 開会式に出席する関係者の人数も絞られることから、皇后さまは同席されない。大半の競技も無観客開催となったことを受け、天皇、皇后両陛下と皇族方の競技ご観戦も見送った。

 また、陛下は22日午後に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長ら関係者と、23日午後に各国首脳と皇居・宮殿で面会される。感染拡大防止のため、人数を絞り、飲食を伴わない形式にする。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus