働き方

大手賃上げ1.84%、8年ぶり低水準 鈍化は3年連続

 経団連が30日発表した令和3年春闘の最終集計によると、定期昇給やベースアップ(ベア)を含む大手企業の月給の賃上げ率は平均1・84%となった。1・83%だった平成25年以来の低水準で、8年ぶりに2%を割り込んだ。前年比は0・28ポイントの下落で、伸び率の鈍化は3年連続。回答額は972円減の6124円だった。

 経団連の担当者は「新型コロナウイルスの影響で先行きが不透明なため、ベアが難しく定期昇給のみの実施という対応が見られた」と説明している。

 業種別では、製造業の賃上げ率が1・87%で妥結額は6153円、非製造業が1・68%で5959円だった。前年はそれぞれ2・09%、2・24%で、特に非製造業の下落が目立った。

 調査は21業種の256社が対象。組合員1人当たりの平均額が判明した17業種130社の結果を集計した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus