社会・その他

山梨県、富士急ハイランドに全コースターの事故報告求める

 山梨県は24日、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)のジェットコースター「ド・ドドンパ」で、同社からの県への事故報告が遅れたことなどを受け、同施設内の他のコースターなどで発生した未報告の人身事故の報告を求めることを明らかにした。

 ド・ドドンパでは昨年12月以降、4人が首などを骨折していたが、富士急ハイランドの県への報告は今月17日で、対応の遅れが問題視されている。

 長崎幸太郎知事は24日の記者会見で、「重大な事故が起きていたにもかかわらず、報告されていなかったことは大変遺憾だ」とし、「ほかにも事案があるのではないかと疑念を抱かざるを得ない」と、他のコースターについても報告を求める理由を説明した。

 平成31年以降にハイランド内のコースターなどで起きた治療期間30日以上と診断された事案と、機器の異常が原因となった人身事故が報告の対象となっている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus