社会・その他

年金通知書の誤送付、愛知など3県で97万件発生 委託業者が印刷ミスか

 日本年金機構が年金受給者に発送した10月分の「年金振込通知書」のうち、約97万2千件で誤った情報が記載されていることが6日、分かった。愛知、三重、福岡の3県にまたがる。送付先とは別人の基礎年金番号や年金受給額、振込先などが記載されており、個人情報が漏れた。原因は愛知県内の委託業者による印刷と貼り合わせのミスとみられる。

 通知書を受け取った人から、自身のものではない情報が記されているとの問い合わせが機構に相次ぎ、発覚。機構と厚生労働省が事実関係を調査している。

 通知書は、年金額が変わる際にはがきで郵送する。はがきの宛名を確認し、のり付けされている部分をはがすと、基礎年金番号などが記されている。ただ宛名以外に氏名は書かれておらず、受け取っても誤って記載された情報が誰のものかは分からないという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus