マネジメント新時代

「国家千年の大計」中国の都市計画 そして日本に求められる政策は (1/3ページ)

 中国雄安新区を11月末に初めて訪問した。ご存じない方のために紹介すると、雄安新区は深セン経済特区、上海浦東地区に続く、巨大な新区として2017年4月に公表された。場所は、北京の南西105~150キロメートルに位置し、総面積1770平方キロメートルの特区である。日本の都道府県で最小は香川県で面積1876平方キロメートルであり、雄安新区はそれに匹敵する巨大な新区である。

 最大の特徴は、北京の首都機能を補完する都市である点、および世界最先端のテクノロジーを結集したスマートシティーである点にある。訪問の機会を得ることができたので、雄安新区から考える都市計画・都市交通のあり方について考えてみたい。(日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎)

 国家千年の大計

 雄安新区を紹介する雄安新区市民サービスセンターを訪問して、驚かされたのがこの言葉である。「国家千年の大計」として習近平国家主席が自ら構想・提起したといわれている。レイアウトは1770平方キロメートルを、オフィス・住居エリア3割、森林や湖エリア7割とし、自然豊かなように配分されている。オフィス・住居エリアは、耐震規定を強化し、ビルの高さは45メートル以下に制限されている。

 なお、この新区の最大の目玉は、自動運転車しか街中を走行できないことにある。われわれが訪問した際も、新区近くの駐車場で止められ、EVシャトルバスに乗り換えて、新区の中に入ることができた。雄安新区市民サービスセンターの周囲では、自動運転車のアポロプロジェクトや、自動荷物運搬車の「NEOLIX」などが数台実証試験を行っていた。ただ、雄安新区市民サービスセンターや、それ以外の複数の建物しかできていないため、筆者が見たところ、構想の1%も出来ていないのではないだろうか。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus