テクノロジー

東京五輪、ガンダムが宇宙から応援

 人気アニメ「機動戦士ガンダム」に登場するロボットの小型模型を宇宙に運び、2020年東京五輪・パラリンピックの応援に活用する計画を大会組織委員会などが15日、発表した。

 「ガンダム」と「シャアザク」の模型を東京大の超小型衛星に搭載し、物資補給機で来年3月に国際宇宙ステーション(ISS)に運ぶ。ISSから衛星を放出し、模型を宇宙空間に露出させる。

 会期中は目を五輪のシンボルカラーの5色に光らせ、足元の電光掲示板に応援メッセージを表示。この様子を衛星から撮影して地上に送り、大会を盛り上げる。

 今年末にもISSに向けて出発し、約半年間滞在する宇宙飛行士の野口聡一さんが衛星の放出作業に携わる可能性もあるという。

 会見した組織委の室伏広治スポーツディレクターは「この計画を通じて人間の創造性は無限だと感じることができる」と話した。

 関係者によると、宇宙空間にキャラクターを露出させる例は聞いたことがないという。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus