業界団体だより

全国青年部交流会 業界5団体トップ対談も

 11回目を迎える全国青年部交流会が2月13日、岡山市北区のANAクラウンプラザホテル岡山で開かれた。当日は、26都府県から約170人が参加するなか、全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)の阿部恭久理事長による基調講演と、業界5団体のトップを招いたパネルディスカッションが行われた。

 主催県を代表してあいさつに立った岡山県遊技業協同組合青年部会の光本秀兵部会長は、新規則機市場への完全シフトまで1年を切るなか、ホール営業にとって厳しい状況が続いていると指摘。「そのような中ではあるが、われわれが引き継いできた業を良くも悪くするのもわれわれ次第。今日集まった各人が、業界の未来に対して何かを感じ、業界を新しい時代へ発展させる契機になれば幸いである」と呼びかけた。

 基調講演では「全日遊連の今後の展望」をテーマに阿部理事長が講演。遊技環境の見直しによる大衆娯楽としてのポジション確立などについて丁寧に説明した。パネルディスカッションでは、ぱちんこジャーナリストのPOKKA吉田氏をコーディネーターに、さまざまな角度から今後の業界像を模索した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus