変貌する電機 2020年代の行方

「経営再建はまだ1、2合目」 東芝・車谷暢昭社長、小林喜光氏に聞く (1/2ページ)

 東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者と、社外取締役、取締役会議長を7月末に退任した小林喜光前経済同友会代表幹事(三菱ケミカルホールディングス会長)に、再建の評価や今後の戦略について聞いた。

 --経営再建の進捗(しんちょく)は

 「厳しく言えば、まだ1、2合目あたりだ。2022年3月期に2400億円の営業利益を目標にしているが、今の業績でみると5~7割かもしれない。東芝も含めて、デジタルトランスフォーメーション(DX)を軸としたビジネスモデルを確立している企業はまだない。その意味ではまだ1~2割の到達だ」

 --どう生き残りを図るのか

 「インフラは各国とも多大なストックがある。今は老朽化が進み、データを使って強化する時期に来ており、大きなビジネスになる。われわれは社会インフラでトップシェアを持っている分野が多い。POS(販売時点情報管理)システムも国内6割、グローバルで3割のシェアがある。もともとの強みをサービスを通じて、もう1回提供することで東芝の勝ち筋がある。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の技術力は世界でもトップレベルで、AIの特許件数は世界3位だ。データ処理などデジタル分野の要素技術が多く、高度化したサービスを提供していきたい」

 --新型コロナウイルスの感染拡大をどう見ているのか

 「デジタル化による社会変革が一気に加速する。データを中心としたわれわれのビジネスも進む。当社も本社は7~8割が在宅勤務となったが、これから(外部との)交渉は8割がテレビ会議になると思う」

 --今後10年はどういう世界になるか

 「データ時代が本格化する。この10年はGAFAが独占したが、それは個人データが中心だ。今後の10年、20年を展望すると、インフラやPOSシステム、モビリティー、医療などのハードウエアからもデータが出てくる。現状はまだ10%ぐらいのデータしか使っていない。これからのデータ爆発に誰が対応し、プラットフォーマーになるのか。われわれは強い分野に集中して勝ちたい」

 --データ以外の分野は

 「ヘルスケア分野の技術が進化する。当社の技術だが、血液を採取すると、がんが『ステージ0』から分かる世界が来ると思う。注射でがんを撲滅する時代になるかもしれない。ゲノム解析ツールの『ジャポニカアレイ』の開発を進めているが、DNAや細胞レベルの精密医療が劇的に進化する可能性もある。温暖化の問題があり、二酸化炭素を排出しない技術が求められている。そこで東芝の技術で社会に貢献したい」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus