収入激減…コウメ太夫さんを支える大家収入 離婚で痛感したことは? (1/10ページ)

2015.5.3 07:02



 老後安泰目指せ!月給分の家賃収入!

 老後は家賃収入を得て、悠々自適の生活。誰もが夢見る理想の暮らしだ。しかし、その特権を得るのはそう簡単ではない。必要なのは資金なのか? 賃貸物件管理のノウハウなのか?それとも、運用利回りの高い物件探索力なのか?最新の“サラリーマン大家”事情を探った。

 ■“サラリーマン大家”志望者、この2年間で人気倍増!

 “サラリーマン大家”という響きに憧れを持っている人は多い。アベノミクスで土地の値上がりが期待できそうな中、「希望者はここ2年で倍増しました」(健けん美び家や代表取 締役社長/倉内敬一さん)という人気ぶりだ。

 東京在住の大家、ヒロユキさんは1991年に大家デビューでキャリア24年。現在は一棟物のアパートや一戸建てなど8物件を所有し、家賃収入は年間1800万円以上。昨年、長年勤めた上場企業を退職し、悠々自適の生活だ。

 こうした先輩を追いかけ、大家デビューを果たし奮闘中の人も多い。お笑い芸人のコウメ太夫さんは2009年にアパート1棟を購入。毎月25万円の収益を得ている。不安定な芸人収入を補完するために始めた大家業。芸を磨く時間も確保でき、シングルファーザーとしても奮闘中だ。

女性大家も頑張っている。コーニング真紀子さんが…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。