SankeiBiz for mobile

中国家電「AQUA」日本で苦戦 販売子会社が18億円の最終赤字

記事詳細

中国家電「AQUA」日本で苦戦 販売子会社が18億円の最終赤字

更新

 中国の家電大手、ハイアール(海爾集団)グループの販売会社「ハイアールアクアセールス」(大阪市淀川区)の平成25年12月期決算で、最終損益が18億9300万円の赤字だったことが、22日分かった。

 外国為替市場での円安傾向が続き、輸入コストが膨らんだほか、国内メーカーとの販売競争を背景に利益が上がらなかった。日本家電市場の壁の厚さを示した形だ。

 22日の官報に掲載された同社の決算公告で明らかになった。前期(24年4~12月の9カ月決算)の最終損益は、1億6300万円の黒字だった。

 財務の健全性を示す目安の自己資本比率は、25年12月末で0・4%程度にまで低下した。

ランキング