SankeiBiz for mobile

光サービス卸でISP2社に初の行政指導 本人同意なくNTTから契約変更

ニュースカテゴリ:企業の情報通信

光サービス卸でISP2社に初の行政指導 本人同意なくNTTから契約変更

更新

 総務省は、インターネット接続事業者(ISP)2社が、NTT東西地域会社の光サービス「フレッツ光」の利用者の同意を得ずに自社サービスに契約を変更するなど不適切な電話勧誘を行ったとして、27日にも行政指導を行う見通しだ。

 NTT東西が2月からISPなどに光サービス卸を開始したことで、フレッツ光の利用者を割安な自社サービスに移行させる顧客争奪戦が活発化しているが、光サービス卸で行政指導が出されるのは初めて。

 電気通信事業法に基づいて行政指導を受けるのは、携帯電話販売大手、光通信グループの「Hi-Bit」(東京都豊島区)と、USENから分割して2010年に設立された「U-NEXT」(同渋谷区)。両社に対し、利用者の意思確認や説明義務の徹底と、代理店指導の徹底による再発防止策の報告を求める。

 不適切な電話勧誘例として、本人の同意なしにフレッツ光から自社サービスへの契約変更手続きをしたり、電話で聞いた契約者情報をもとに本人になりすまして契約変更承諾をNTT東西に申し込んだりしたケースがあったもよう。

 総務省は既に両社を聴取したもようで、両社が代理店などに再確認したところ20~30件程度の不適切な契約が確認されたようだ。

ランキング