働き方

高年収目指すなら8時までに出社せよ? 一流ビジネスマンの睡眠事情 (1/3ページ)

SankeiBiz編集部

 あなたはふだん何時に目覚め何時に出社しているだろうか。ビジネスパーソンにとって、仕事でより良いパフォーマンスを出すためにも良質な睡眠は欠かせない。今どきのビジネスマンの睡眠事情を徹底調査したところ、年収の違いと「眠り」や朝の始動に興味深い相関関係が浮かび上がった。

1000万円プレーヤーの3割が睡眠「5時間以下」

 人材サービス大手のパーソルキャリアは、睡眠事情をテーマに、首都圏の会社勤めのビジネスパーソン男女計800人を対象にインターネット調査を実施。年収1000万円~1100万円未満の30~50代を「1000万円プレーヤー」、 400万円~500万円未満の20代~40代を「平均年収層」とみなし、それぞれ400人の回答をまとめて比較した。

 ビジネスパーソンに1日の睡眠時間を聞いたところ、1000万円プレーヤー、平均年収層ともに1日「約6時間」睡眠という人が多数派で、それぞれ43.5%、39.9%を占めた。また、1000万円プレーヤーは「約5時間」が24.1%、「4時間以下」も4.8%いた。

 よく「1日8時間以上の睡眠を取ったほうが健康に良い」といった話を耳にする機会も多い。だが実際にはビジネスパーソンの多くはもっと短い睡眠で済ませており、さらに1000万円プレーヤーともなるとおよそ3割の人が5時間以下の睡眠でバリバリ働いている実態がうかがえる。

「朝方」生活が高年収への近道?

 睡眠に関連する項目として、起床時間と就寝時間、出社時間についても調査した。就寝時間にはそれほど違いが見られなかったものの、起床時間や出社時間には大きな違いが見られた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus