働き方

技能実習生へ「みんな待ってます」 タイ語の手紙にSNS上で反響 (1/2ページ)

 「スタッフみんなベンツ君が日本に来てくれることを、心待ちにしています」。短文投稿サイト「ツイッター」に投稿された、タイ語と日本語の手紙が反響を呼んでいる。筆をとったのは奈良県橿原市の自動車整備会社「瀬川オート」の社長、瀬川英孝さん(49)。今年10月に受け入れ予定だったタイ人の技能実習生が、新型コロナウイルスの感染拡大で来日できず、「ベンツ君と家族の不安が少しでもなくなれば」という思いで手紙を書いた。(田中一毅)

 「瀬川オート」の従業員は瀬川さんと妻を含め、計5人。人手不足に悩んでいたとき、「タイの若者たちが技能実習生として日本で技術を学び、その後、母国で活躍している」という話を耳にした。

 「これも何かの縁。力になりたい」。瀬川さんはタイ人の技能実習生を受け入れようと決意。今年2月、日本オートビジネス協同組合(東京)が主催する合同面接会に参加するため、タイ・チェンマイへ飛んだ。

 採用試験には、タイの専門学校などで自動車整備技術を学んだ40~50人が集まった。3人一組の面接は通訳を介して行われ、「みんな技術も受け答えもしっかりしていたが、そのうちの1人の笑顔がすごくよく、うちに合うと思った」。それが「ベンツ」というニックネームのカムセーン・ティラパットさん(18)だった。

 瀬川さんによると、タイでは名前にニックネームを付けるのが一般的だと聞いたといい、「子供にお金持ちになってほしいなら『ゴールド』。車好きなら車に関係する名前をつけるようで、ベンツ君の両親は車好きなのかも」と笑う。

 面接後、合格を告げ、名刺に「スタッフ一同心待ちにしています」と調べたタイ語を添えて手渡すと「本当に喜んでくれて」と振り返る。

 タイ語調べて…ツイッターに反響

 しかし、その後世界的に新型コロナが蔓延。10月に予定されていたベンツ君の受け入れも当面延期となった。

 「ベンツ君は自分がどうなるか不安な気持ちでいっぱいではないか…」

 瀬川さんの息子はベンツ君と年が近いこともあり、心配になって手紙を本人と家族へ送ることにした。少しでも安心してもらいたい一心だった。

 タイ語を学んだことはなかったが、インターネットの翻訳機能を使い、一つ一つの単語や文章を調べながら、手紙をつづった。日本語で書いた同じ内容の手紙も添えた。

 11月に完成した手紙を会社のツイッターに投稿。すると、大きな話題となった。「世の中の技能実習生を迎える社長がみんなこうだったらいい」「とてもあたたかい気持ちになりました」。ツイッターのコメント欄にはこうした声が寄せられたほか、会社にも「感動した」というメールが届いた。瀬川さんは「深い考えなく投稿したが、反響に驚いている」と話す。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus