働き方

内定取り消し136人 今春卒、9割が新型コロナ影響

 厚生労働省は22日、今年3月に卒業した高校生や大学生の採用内定取り消しが、8月末時点で136人(37事業所)だったと発表した。うち、新型コロナウイルスの影響によるものが124人(25事業所)と9割を超えた。令和2年3月卒業の211人(82事業所)に比べて減ったものの、2年連続で100人を上回っており、高止まりの状態が続いている。

 内定取り消しは解雇に相当し、客観的で合理的な理由がない場合は無効。これとは別に入社時期を遅らされた人が157人おり、厚労省が新卒者対象のハローワークで相談に応じている。

 業種別では卸売・小売業が75人で最も多く、製造業19人、医療・福祉14人と続いた。取り消された136人のうち、99人は他の企業などに就職した。全国のハローワークを通じて集計した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus