• 日経平均27999.96-249.28
  • ドル円134.96134.97

東証、割安感から買い 米国株安は重荷、様子見も

15日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発した。割安感のある銘柄に買い戻しが入り、株価を押し上げた。取引開始直後は前日の米国株安が重荷となり下落する場面もあった。米国の金融政策を見極めたいとの思惑から様子見姿勢も強かった。

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

午前10時現在は前日終値比67円55銭高の2万8500円19銭。東証株価指数(TOPIX)は13・39ポイント高の1987・20。

前日の米国市場は、11月の米卸売物価指数の上昇率が市場予想を上回ったことからインフレへの警戒感が高まり、ダウ工業株30種平均が下落した。

米国の金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表を前に、東京市場でも積極的な取引を控える動きが見られた。


Recommend

Biz Plus

Recommend

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)

求人情報サイト Biz x Job(ビズジョブ)