日産「リーフ」大幅改良1年前倒し 電費性能引き上げ、デザイン変更 (2/2ページ)

2012.8.15 05:00

 このため、搭載するリチウムイオン電池の性能向上やモーターの効率アップなどを図り、250キロを超える航続距離を目指す。

 同時に低価格モデルも投入する。国内で376万4250円の現行モデルは、政府の補助金を受けると300万円弱で購入できるが、低価格モデルは補助金の活用で250万円を割り込むように価格を設定する。

 EVをめぐってはトヨタ自動車やホンダ、米ゼネラル・モーターズ(GM)、独ダイムラーなども本格参入を目指している。日産は提携先の仏ルノーと合わせ、16年度までに累計150万台のEV生産を計画しており、商品力の強化で販売台数を伸ばし、先行したい考えだ。


産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。