「PS4」の発売日は未定 年末商戦でライバル任天堂と対決へ (1/2ページ)

2013.2.21 13:08

 【ワシントン=柿内公輔】ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は20日、ニューヨークで開いたイベントで、据え置き型の家庭用ゲーム機の新製品「プレイステーション(PS)4」を発表した。

 発売時期は未定だが、今年の年末商戦向けに投入する。ハウス社長は「スマートフォン(高機能携帯電話)やタブレット端末との間でも情報が共有できるなど連携機能を高めた」とアピールした。

 PS4は2006年に発売された「PS3」の後継ゲーム機で、据え置き型としては7年ぶりの次世代機となる。自分のゲーム映像を友人と共有できるなどネットワーク機能を拡充。

 インターネットを通じてソフトウエアなどを共有する「クラウド」技術を取り入れたのが特徴で、昨年夏にソニーが買収した米ゲーム会社ガイカイの技術を活用。自分が遊んだゲームの映像を配信したり、他人とゲームに関する情報や感想を交換したりできる。

米AMD社の半導体を採用

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。