日本勢相次ぐ撤退の中… スマホの中身はメード・イン・ジャパン (1/2ページ)

2013.9.28 08:00

NTTドコモから発売された新型「iPhone」=東京・有楽町(宮川浩和撮影)

NTTドコモから発売された新型「iPhone」=東京・有楽町(宮川浩和撮影)【拡大】

  • 20日に発売されるiPhone5s(右手前)と5c(左奥)でもコンテンツ競争の激化が予想される

 NEC、パナソニックとスマートフォン(高機能携帯電話)事業からの撤退・縮小が相次ぐ一方、スマホの中身をつくっている日本の電子部品メーカーの躍進ぶりが目立っている。

 村田製作所が得意とする積層セラミックコンデンサーは1台当たり数百個も搭載されるなど、スマホ部品の中で最も使用される数が多く、収益の牽引(けんいん)役を担う。

 また、IC(集積回路)チップなどを保護しているセラミックパッケージでは、京セラが8割近いシェアを誇っている。

 一方、高精細化が進むパネルはスマホの商品力を大きく左右するとされる重要部品だが、シェアトップを走る韓国サムスン電子を、日立製作所と東芝、ソニー3社の中小型液晶パネル事業を統合したジャパンディスプレイが追撃している。

パネルを構成する部品を合わせた総合力では「日本が一枚上手」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!