北米自動車ショー 新市場の燃料電池車とITに脚光

2014.1.15 17:32

北米自動車ショーでホンダが発表した高級車ブランド「アキュラ」の新型セダン試作車「TLXプロトタイプ」=14日、米ミシガン州デトロイト

北米自動車ショーでホンダが発表した高級車ブランド「アキュラ」の新型セダン試作車「TLXプロトタイプ」=14日、米ミシガン州デトロイト【拡大】

  • 米国の景気回復傾向を受け、トヨタ自動車は高級スポーツカー「FT-1」を発表した=13日、米ミシガン州デトロイト(柿内公輔撮影)

 【デトロイト=柿内公輔】北米国際自動車ショーでは、成長への期待が高い燃料電池車やIT(情報技術)分野など新技術も注目を集めた。

 トヨタ自動車は米ラスベガスで開かれた家電見本市に続き、燃料電池電気自動車(FCEV)の試作車を公開。同様にホンダも新型FCEVの試作車を出展した。ともに2015年の市販化を目指しており、ホンダはGMとの共同開発を進めている。

 自動車大手は、厳しい環境規制を導入したカリフォルニア州をはじめ、米国が燃料電池車の主戦場と見込む。水素ステーションの普及が課題だが「電気自動車(EV)以上に期待できる」(トヨタ)との声は根強い。

 一方、次世代技術の自動運転車では、日産がEV「リーフ」を元にした試作車を出展。「発進や停止で制御しやすい」とEVとの相性の良さを強調して、20年までの実用化を目指す。

 自動車メーカー以外では、デンソーが音声や光で危険を知らせる機器を出展したほか、アイシン精機は自動駐車システムの最新技術を公開した。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。