「歩きスマホ」の危険性浮き彫り ドコモCG動画、再生200万回 (1/2ページ)

2014.4.16 05:40

 スマートフォン(高機能携帯電話)の画面を見ながら歩く「歩きスマホ」が社会問題化している。

 NTTドコモが「東京・渋谷のスクランブル交差点を横断する人が全員歩きスマホだったら?」と仮定し、コンピューターグラフィックス(CG)で制作した動画を3月27日に公開すると、再生回数はこれまでに200万回近くに上った。歩きスマホの危険性に対する関心の高さが浮き彫りとなった。

 動画には、日本人の平均身長160.3センチ、体重58.8キロに設定した1500人が登場。歩く速さは時速3~6キロの3種類。目的地はハチ公前、井の頭線、道玄坂、センター街、原宿の各方面とした。

歩きスマホの視野は通常歩行時の約20分の1に狭まるほか…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。