ドコモ“一人負け”で3位転落へ 携帯大手3社、9月中間連結決算出そろう (2/3ページ)

2014.11.5 06:13

NTTドコモの加藤薫社長

NTTドコモの加藤薫社長【拡大】

 通期の営業利益予想は、昨夏買収した米携帯大手スプリントの経営再建に時間がかかるとして、当初比1000億円減の9000億円に下方修正。売上高8兆円の予想は据え置き、最終利益見通しは公表していない。

 一方、KDDIの中間期の営業利益は10.7%増の3847億円と過去最高だった。携帯電話と光回線の「セット割引」を武器に100万件以上の契約純増ペースを維持した。通期の営業利益も7300億円と2期連続で2桁成長を達成する見通し。

 これに対しドコモは、6月に導入した定額通話プランで料金収入が大きく落ち込み、“一人負け”の格好。挽回(ばんかい)に向けて、NTT東西の光回線とのセット割引を来年2月に開始する計画だ。

 ただ通期の営業利益予想については23.1%減の6300億円と当初比1200億円下方修正した。7000億円を切るのは米国会計基準を導入した01年度以来初めて。ソフトバンクに続きKDDIにも抜かれる見通しとなった。

携帯大手3社の2014年9月中間連結決算

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。