「クラウン」女性・若者ファン獲得へ限定色モデル “脱おじさん車”目指す (2/2ページ)

2015.1.8 06:58

 だが、買い替え需要が多かったためユーザーの年齢層は徐々に高齢化。若返りを図ろうと2012年の全面改良で王冠を付けた前面の格子部分を大きくするなど大胆なデザインに切り替え、13年に限定発売したピンクモデルも話題を呼んだ。

 14年には燃費性能が高いハイブリッド車(HV)モデルの受注が約8割を占めるなど刷新は進んでいる。ただ、個人の女性客や40代以下の男性客は全体の25%にとどまり、ユーザーの若返りは今後も課題だ。

 若者の車離れが顕著になる中、保守的なイメージを脱皮し、いかに次世代のファンを獲得するか。「おじさんの車ではなく、いい車だねと若い人にも言ってほしい」と担当者は話しており、トヨタの模索は続く。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。