「WiiU」値下げ否定、新興国向けで格安機 任天堂社長に聞く (2/3ページ)

2015.2.11 17:03

任天堂の岩田聡社長=京都市南区の任天堂本社(柿平博文撮影)

任天堂の岩田聡社長=京都市南区の任天堂本社(柿平博文撮影)【拡大】

 任天堂の海外売上高比率は、7割を超える水準に達しているが、足元では既存のゲーム機が欧米市場で苦戦気味。成長が期待できる新興国で販路を広げて収益を伸ばす意向だ。

 岩田聡社長は、新興国向けの低価格ゲーム機の投入の検討のほか、苦戦が続く据え置き型ゲーム機「WiiU(ウィー・ユー)」について、ソフト拡充を約束する一方、値下げや改良版発売を明確に否定した。主なやりとりは次の通り。

 --任天堂の過去のゲーム機と比べてWiiUの普及が遅れている

 「遅れているのは事実だが、昨年後半から北米を中心にWiiU向けゲームソフトの評価が高まっている。WiiUならではの自社ソフトを拡充して盛り上げていきたい」

 --WiiUの値下げや低価格モデル発売はあるか

 「製造コストが高いので、低価格モデルの開発は難しい。また、今の任天堂は赤字になってでも値下げを断行する状態にない」

「任天堂のゲームを楽しみたい人は大勢いる」

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。