【郵便局の挑戦】(19)兵庫・明石 レターパックで“故郷の味” (2/2ページ)

2015.3.13 05:00

イカナゴのくぎ煮の発送に便利なレターパックをアピールする明石郵便局の南本道寛局長(左)と高橋健二副局長

イカナゴのくぎ煮の発送に便利なレターパックをアピールする明石郵便局の南本道寛局長(左)と高橋健二副局長【拡大】

 「今季は不漁の見込みだ。うちのエリアが営業努力で引っ張っていかなあかん」。南本局長は1月末、管内の局長を集めてげきを飛ばした。漁獲量が少なく高値となれば、くぎ煮を送る人も減りかねない。

 それを食い止めるためレターパックの販促はがきを、2月26日のイカナゴ漁解禁直前に全戸へ配布。また配達員が例年より積極的に「声かけ」を行ったほか、局のロビーで毎日試食会を開きムードを盛り上げた。こうした取り組みが奏功、解禁後2週間の引受数は前年同期比20%増と好調な出足となった。

 今月14日には親子が自慢の味を競う「くぎ煮コンテスト」を催し、旬後半に向けてもう一押しする。「郷土料理の継承に貢献することで、先輩たちが育てたビジネスの発展にもつなげたい」と南本局長は意気込む。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。