【新トップ】西友の新CEO・上垣内氏、7期連続の増収増益に全力「差別化できる」

2015.5.28 06:11

上垣内猛CEO

上垣内猛CEO【拡大】

 「最善を尽くして会社の成長のために力を発揮させていただきたい」。前CEO(最高経営責任者)のスティーブ・デイカス氏が電撃的に退任した今月上旬、米ウォルマート本部から後任を打診され、躊躇(ちゅうちょ)なく要請に応じたという。

 西友での経験はまだ3年だが、「店舗運営を担当してきたので、この間に全店舗を回り、従業員も見てきた」と述べ、かじ取りに自信を見せる。

 少子化で先細りが見込まれている国内の小売市場について、「成長をあきらめていない」と持論を展開。世界に50カ所以上の調達拠点があるウォルマートとの連携で、一度に受注する量を増やし、仕入れ価格を抑えるなどの施策により、「差別化できる」と言い切る。

 休日の過ごし方については「私どもの仕事は、365日24時間やっているので休日の感覚はない」と話す。ただ、「私が休まないと従業員も休めない」と、職場環境への気配りも見せる。

 消費税増税後の国内市場は厳しさが続くが、4年ぶりの日本人トップとして、7期連続の増収増益の達成に全力を注ぐ決意だ。(永田岳彦)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。