ソニー、分社・効率化で反転攻勢なるか 「安定志向」の現経営陣にOB懸念も (1/4ページ)

2015.6.25 06:35

中期経営計画を発表するソニーの平井一夫社長。分社化により、各事業の採算性向上を徹底させる方針を示した=2月18日、東京都港区の本社

中期経営計画を発表するソニーの平井一夫社長。分社化により、各事業の採算性向上を徹底させる方針を示した=2月18日、東京都港区の本社【拡大】

 ■【革新 ソニーの“苦闘”】(中)「安定志向」 独創性なくなる懸念も

 2014年春、ソニーのテレビ事業ナンバー2だった高木一郎(現ソニービジュアルプロダクツ社長)は、トップの今村昌志(現ソニー執行役)に念を押した。「これで駄目なら、撤退かもしれません。覚悟を決めましょう」。世界最大の家電量販店ベスト・バイとの連携に最後の決断を促したのだ。

 特定の販売店との関係強化は別の販売店との関係を損なう恐れがあり、慎重にならざるを得ない。ところが、ソニーはベスト・バイと提携し、昨年5月から北米約1000店のうち約350店に約50平方メートルの専用売り場を設けた。

 確実に利益を出す

 テレビ事業は韓国、中国勢との競争が激しい。かつて、ソニーは販売数量の拡大を目指したが、値下げ合戦に巻き込まれ採算が悪化した。その反省から、フルハイビジョンの4倍の解像度を持つ「4K」など高付加価値の商品を軸に、確実に利益を出す方針に転換した。

社内に漂う「おごり」や「緩み」を一掃するため、吉田は大なたを振るった

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。