【サーキット考】(2)ディーラー社員もレースに挑戦 白熱の「SUPER GT」(PR) (2/3ページ)

2015.9.9 06:30

鈴鹿サーキットの高速コーナーを駆け抜けるマシン

鈴鹿サーキットの高速コーナーを駆け抜けるマシン【拡大】

  • LMcorsaの小林敬一監督
  • GT500クラスのマシン(手前)とGT300のマシン=三重県・鈴鹿サーキット
  • 鈴鹿サーキットの観覧車。テントを張って観戦するファンの姿も=8月30日
  • GT500クラスの「ZENT CERUMO レクサス RC F」のマシン
  • 「SUPER GT選手権」の今季第5戦が行われた、三重県の鈴鹿サーキット=8月29~30日

 《多種多様のチームが参戦》

 レクサスの「RC F GT3」で参戦するLMcorsaは、大阪トヨペットグループ(OTG)を母体に活動する異色の“販売店チーム”だ。レースチームは一般的に監督やエンジニア、メカニック、マネジャーなど15~30名のスタッフがいるが、同チームは外部から招いた2名の専門家を除き、OTGの社員だけで参加している。

 小林敬一監督は「このカテゴリーにカーディーラーが参戦することは、10年前では考えられないようなすごいこと。大阪に帰れば、トヨペットのつなぎを着て仕事をしている社員の集まりなんです」と語る。

 そもそもディーラーが参戦する理由は何なのか。OTG社長でチームオーナーの横山昭一郎氏はこう話す。「お客様とじかに接する販売店として、レースを通じてみなさまと『夢』や『感動』を分かち合いたい。また、社員に自信と誇りを自覚してもらい、モチベーションの向上を図っている」

何万人ものファンが“共同オーナー”を務める特殊なチームも

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。