シャープ再建、台湾・鴻海案軸に交渉 事業売却や人員削減の否定を評価 (2/2ページ)

2016.2.4 20:52

再建方針についての記者からの質問に答える高橋興三・シャープ株式会社代表取締役社長=4日午後、東京都港区芝浦(宮川浩和撮影)

再建方針についての記者からの質問に答える高橋興三・シャープ株式会社代表取締役社長=4日午後、東京都港区芝浦(宮川浩和撮影)【拡大】

 鴻海の郭台銘会長は1月末、大阪市阿倍野区のシャープ本社を訪れ、経営陣に支援案を直接説明。現経営陣を続投させるほか、事業売却はせずに「シャープ」ブランドを温存し、雇用も守る考えを示していた。

 シャープ再建をめぐっては、政府が液晶分野での先端技術の海外流出を懸念。革新機構が3千億円規模の出資を盛り込んだ再建案を提示し、シャープも受諾する方向で調整していた。

 ただ、機構案は主力の液晶事業を分社化して機構傘下の中小型液晶大手ジャパンディスプレイと統合し「日本連合」の形成を目指すほか、冷蔵庫や洗濯機など白物家電も東芝の同事業と再編を検討。大規模な人員削減への懸念や、「政府による企業救済」との批判が強かった。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。