アサヒGHD社長「海外売上高比率20%に」 スーパードライ欧州投入も (1/2ページ)

2016.5.20 06:29

インタビューに応じるアサヒグループホールディングス(GHD)の小路明善社長=19日、東京都墨田区

インタビューに応じるアサヒグループホールディングス(GHD)の小路明善社長=19日、東京都墨田区【拡大】

 アサヒグループホールディングス(GHD)の小路明善社長が19日、フジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、2015年12月期に約13%だった海外売上高比率を「18年12月期までに20%に引き上げる」方針を明らかにした。

 買収を決めた欧州ビールのブランドを強化するほか、主力の「スーパードライ」を欧州に投入することも視野に入れる。国内ビール市場の縮小が続くなか、海外での収益基盤を強化する考えだ。

 アサヒGHDは2月、英ビール大手SABミラー傘下の老舗ビールメーカーなど4社の買収で合意した。小路社長は「アサヒグループが持つ醸造技術や生産管理のノウハウを活用し、買収した欧州ビール事業の価値を高める」と強調した。すでにプロジェクトチームを立ち上げ現地に社員を派遣した。欧州の買収先を通じスーパードライを販売することも検討する。

北米ではスーパードライの拡販に注力

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。