出光・創業家、協議入りへ 合併反対1週間、物別れ可能性も (1/2ページ)

2016.7.5 06:45

 石油元売り2位の出光興産の創業家が同社と5位の昭和シェル石油との合併に反対を表明した問題で、出光の経営側が創業家に対し、協議の申し入れを行ったことが4日、分かった。経営側は創業家への説得を粘り強く続ける方針だが、合併で存在感が薄れるとの懸念がある創業家は反対姿勢を硬化させており両者の溝は深い。両者は協議入りすることで一致したものの、創業家の感情的なしこりも大きく、和解への道のりは険しい。

 創業家側は4日、フジサンケイビジネスアイの取材に応じ、「経営側から名誉会長(出光昭介氏)に協議の申し入れがあった。これを受け入れる考えで、日程は今後詰める」と答えた。経営側も同日、「詳細はこれからだが、いろいろな部分について丁寧に説明したい」(幹部)と述べ、協議入りを認めた。

 出光と昭シェルは昨年7月に経営統合に向けて協議入りすることを発表し、同11月に合併を目指すことで基本合意。少子高齢化やエコカーの普及で国内のガソリン需要が先細りする中、合理化を図り、収益力を高める狙いだった。それが、6月28日の定時株主総会で、創業家の代理人を務める浜田卓二郎弁護士が社風や企業体質の違いなどを理由に合併反対を表明したことで合併計画に狂いが生じた。

審査結果を待ち、9月中にも昭シェル株33.3%を取得し…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。