三菱UFJリサーチ、支援へ「白書」 障害児機能訓練職員が不足

2016.7.7 05:00

 重い障害のある子供を支援する団体と、シンクタンクの三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、全国の障害児向けデイサービス施設の実態や家族の声を取りまとめた「重度の障がいを持った子どもたちの地域生活白書」を発表した。

 支援団体は名古屋市に事務局を置く一般社団法人「全国重症心身障がい児デイサービス・ネットワーク」。白書では、施設で障害児の体を動かす訓練などを担う「機能訓練担当職員」が不足していると指摘。事業者が人材確保に苦労し、結果的に施設の設立が困難になっている状況を示した。

 日曜日に営業する施設が少なく、子供の保護者から「週末や祝日も預けられたらうれしい」といった声が寄せられたことも紹介した。

 三菱UFJリサーチがアンケートに協力し、全国の121の施設や子供の保護者215人から回答を得た。

 支援団体の鈴木由夫代表理事は「デイサービスは保護者の負担を大きく軽減する。多くの人に白書を読んでもらいたい」と話した。

 白書に関する問い合わせは、全国重症心身障がい児デイサービス・ネットワーク事務局、(電)052・661・1811。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。