吉野家、“仮想”ボトルキープ アプリで生ビール・焼酎10杯分が500円お得

2016.7.21 05:41

“仮想”ボトルキープを発表する吉野家の河村泰貴社長=20日、東京都港区
“仮想”ボトルキープを発表する吉野家の河村泰貴社長=20日、東京都港区【拡大】

 吉野家は20日、スマートフォンを使ってアプリ上に“仮想”のボトルをキープできるサービスを同日から開始した、と発表した。ビール10杯分に当たるボトルは3000円、焼酎10杯分にあたるボトルは2500円と通常よりもそれぞれ500円安く購入できる。

 アルコールを提供している全国540の店舗で導入し、順次拡大していく計画だ。アプリをダウンロードし前払いで購入する。ボトルキープの有効期限は6カ月。ボトルの残量はスマホで確認できる。

 同日会見した河村泰貴社長は「需要があれば、ハイボールなど他のアルコールメニューにも導入の拡大を検討したい」と述べた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。