製薬大手9月中間、主力治療薬好調で3社増益 円高響き第一三共は減益

2016.11.1 05:00

 製薬大手4社の2016年9月中間連結決算が31日、出そろった。主力の治療薬が好調だった武田薬品工業とアステラス製薬、エーザイの3社は最終利益が前年同期に比べ増加した。一方、薬価引き下げや円高が響いた第一三共は減益となった。

 武田薬品工業は潰瘍性大腸炎の治療薬などが好調で、約2.3倍の1243億円だった。アステラス製薬はアジア、オセアニアなどで前立腺治療薬の売れ行きが良く、11.8%増の1150億円。エーザイも抗がん剤の販売が伸び、約2.5倍の279億円だった。

 第一三共は30.7%減の489億円にとどまった。国内で主力の糖尿病治療薬が伸びたが、円高の影響で収益が悪化し、税負担が増えたことも最終利益を押し下げた。

 17年3月期は、292億円から413億円に引き上げたエーザイをはじめ3社が最終利益予想を上方修正した。大手4社で中間決算が唯一減益だった第一三共は通期予想を据え置いた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。