特許・情報フェア&コンファレンス 手間・コストの軽減を訴求

2016.11.12 05:00

富士通の製品・サービスの出展ブース=東京都千代田区
富士通の製品・サービスの出展ブース=東京都千代田区【拡大】

 「2016特許・情報フェア&コンファレンス」(主催・発明推進協会、日本特許情報機構など)は11日、閉幕した。

 富士通が出品した特許管理システムは24時間対応し、日本語と英語表記の切り替えにより、海外の拠点からも利用できる。また出願件数、特許状況を図や表で分かりやすく示すことで、知財担当者の業務負担を軽減するという。富士通システムズ・イーストの設計ソリューション部の舩元雅彦氏は「企業と特許事務所の業務プロセスの最適化を実現する」と話した。

 デンネマイヤーは、特許年金管理サービスと商標更新管理サービスをアピールした。特許は年間維持費にあたる特許年金を支払う必要があるが、国地域ごとに納付時期がまちまちで、コストは膨大になる。商標の更新にも同様の手間とコストがかかる。青沼太社長は「リーディングカンパニーとしてのスケールメリットを生かして、大幅なコスト削減が可能になる」と利点を強調した。

 3日間の会期中に約1万9000人が来場した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。