旭硝子、欧州バイオ医薬品大手を買収 600億円で全株買い取り

2016.12.21 06:09

会見する旭硝子の島村琢哉社長=20日、東京都千代田区
会見する旭硝子の島村琢哉社長=20日、東京都千代田区【拡大】

 旭硝子は20日、デンマークのバイオ医薬品大手、CMCバイオロジックスを買収すると発表した。買収額は約600億円。来年1月にCMCの全株式を買い取り子会社化する。旭硝子は8月にもドイツのバイオ医薬品会社を買収しており、M&A(企業の合併・買収)戦略で拡大が見込まれる市場への進出を加速する。

 CMCは2001年設立。動物細胞と微生物を用いた医薬品の製造受託に強みを持ち、直近の売上高は100億円を超える。社員数は約530人で、デンマークの首都コペンハーゲンのほか、米国2カ所に製造拠点を持つ。

 旭硝子は1985年にバイオ事業を立ち上げ、2000年から微生物を使った医薬品の製造受託を行ってきた。CMCの買収により、微生物だけでなく、動物細胞へ事業領域を拡大するほか、欧州や米国市場を開拓する。

 島村琢哉社長は同日の会見でバイオ医薬品について、「(水酸化ナトリウムなどの)クロールアルカリ、フッ素化学品に続く化学品の柱として成長が著しい。これからも積極的な投資をして事業を拡大したい」と述べた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。